海床 SHINKIBA UMIDOKO PROJECT

地域資源発掘型実証プログラム&T

UMIDOKO’s HISTORY

新木場「海床」の歴史

PROLOGUE -海床のはじまり-

きっかけは1枚の白黒の写真でした。
とある木材店で眠っていたその写真に映し出されていたのは貯木場に浮かぶ木材たち。
その景色を現代にも取り戻し、「新木場の魅力をもっと知ってほしい」という想いに
共感を得るのにはそれほど時間はかかりませんでした。

その想いにヒト・コト・モノが集まり、その中で生まれた小さな波紋は、
人と地域を巻き込みながら少しづつ成長していきました。

そして2017年9月 地域資源発掘型実証プログラム「新木場 海床 プロジェクト」として新たに歩み始めます。

HISTORY -海床の歩み-

2016

新木場の写真を復元

2016.06.09
当時の新木場の航空写真をデジタル復元。この景色が新木場の魅力の源であることを再認識。

決起集会を開催

2016.07.07
七夕の日に合わせて地元の材木店の代表が集まり決起集会を海辺で開催。想いをひとつにする。

調査としてゴミ拾い活動を開始

2016.10.08
有志の集いでゴミ拾い活動を開始。

2017

新木場 海床 プロジェクト発足

2017.09.08
益財団法人東京観光財団の「地域資源発掘型実証プログラム事業」の一環として新木場海床プロジェクトが発足。

UMIDOKO木の日 WoodArtWeek2017開催

2017.10.08
1週間に渡り、アーティストと木材店がコラボしたアート作品を展示。

当日の様子はこちら

2018

UMIDOKO木の音 Sound of Wood 開催

2018.2.11
木の日に引き続き、木の音を楽しむ「UMIDOKO 木の音」を開催しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

当日の様子はこちら